会社概要
平板載荷試験なら…   株式会社 B−TEST.(ビーテスト)

平板載荷試験とは…

この試験には大きく2種類の試験パターンがあり、目的に応じて使い分けます。

 1つは、多サイクル方式であり、動荷重に対する載荷方法です。主として土木構造物の支持力確認に用いられます。

 もう1つは、単サイクル方式であり、静荷重に対する載荷方法です。主として建築構造物の支持力確認に用いられます。

鋼板を用いた試験の様子であり、重機の設置が困難な場所や大きな反力を必要とする場合に採用されます。

油圧ショベルを反力に用いた試験の様子であり、この方式が一般的です。

試験の様子

原地盤に30pの剛な載荷板を設置して荷重の大きさと載荷板の沈下との関係から変形や強さなどの支持力特性を調べるための試験である。


 この試験は、比較的簡便で理解しやすいなどの利点があり、直接基礎の基礎地盤の支持力確認や、安定処理土の強度確認などに広く利用されています。

TOP
平板載荷試験
他にも…

試験パターン

その他、現場の状況に応じて、反力の設置方法は様々です。